外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査なら静岡市のRe-Proリプロにお任せください

  • tel
  • お問い合わせ
  • 会社概要/職人紹介
  • HOME
  • tel
  • LINE
  • mail

塗装のアドバイス

塗装について、なかなか一般的には知られていないことがたくさんあります。外壁塗装や屋根塗装をお考えのお客様に、アドバイスとしてお伝えしたいことを綴っています。

外壁塗装の豆知識

外壁塗装におけるシーラーの役割

外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りが基本です。中塗りと上塗りは一般的に同じ塗料が使われますが、下塗りにはシーラーという下塗り専用の塗料を使います。今回はシーラーの役割や種類、外壁塗装における下地処理の重要性をご紹介します。

外壁塗装で使われるシーラーとは?

role_of_base1
シーラーとは、高圧洗浄やケレン作業、補修などの下地処理が終わったあと、最初に外壁に塗る塗料のことです。下塗り剤、下塗り塗料などとも呼ばれることがあります。シーラーで下塗りをすることは外壁塗装の基本であり、仕上がりを左右する重要なポイントのひとつと言われています。

外壁と上塗りの塗料を密着させる役割

外壁塗装の三度塗りの中で、中塗りと上塗りには基本的に同じ塗料が使われますが、下塗りだけはシーラーが使用されます。実は中塗りと上塗りに使う塗料には密着性がなく、外壁材にそのまま塗布してしまうと、すぐに剥がれてしまうのです。そこで、上塗り塗料と外壁材の接着剤として活躍するのがシーラーです。シーラーには上塗り塗料と外壁材の密着性を高め、剥がれにくくする役割があります。

 

また、シーラーには塗りムラを防ぐ役割もあります。傷ついた外壁材は塗料を吸い込みやすくなっています。そのため、上塗り塗料をそのまま塗布すると、塗料を吸い込む部分と吸い込まない部分が生まれてしまい、塗装にムラができてしまうのです。まず下地にシーラーを吸わせることで、中塗り、上塗りでのムラの防止につながります。

水性シーラーと油性シーラー

シーラーにも上塗り塗料と同様に水性と油性があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

水性シーラー ・外壁材がそれほど劣化していない場合に使用される
・浸透性は高くない
・乾燥時間は長め
・ニオイが少ない
・上塗り塗料は水性・油性どちらでもOK
油性シーラー ・主に外壁材の劣化がひどい場合に使用する
・外壁材によく浸透する
・揮発性のため乾燥時間が短い
・ニオイが強い
・上塗り塗料は油性が望ましい

下塗り塗料の種類

下塗り塗料は、シーラーのほかにもプライマー、フィラーなどがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

シーラー

モルタル、サイディングなどの外壁に使われることが多い下塗り塗料です。「接着する」「隠す」といった意味があります。主な役割は、上記のとおり下地と上塗り塗料の接着です。

フィラー

主にモルタルの外壁材の表面に凹凸がある場合や、ヘアクラックが生じている場合などに使われる下塗り塗料です。「埋める」「詰め物」といった意味があり、厚く塗って凹凸を均したり、ヘアクラックを埋めたりする役割があります。もっとも使われることが多いのは微弾性フィラーという種類のフィラーです。

プライマー

プライマーは「最初に塗る塗料」という意味で使われる言葉です。業者によっても使い分け方が異なりますが、明確な定義はないためシーラーと同じものと考えて問題ありません。

外壁塗装における下地処理の重要性

role_of_base4

外壁塗装というと、塗料を塗る作業を思い浮かべる方が大半でしょう。中には「ペンキを塗るだけなのになんでそんなに高いの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、外壁塗装でもっとも重要なのは下塗りを含む下地処理です。下地処理次第で塗装の仕上がりが大きく左右されます。

下地処理には以下のような作業があります。

高圧洗浄 外壁についた汚れ、コケなどを落とすために行います。高圧洗浄機を使って丁寧に作業します。
ケレン作業 劣化した塗膜を削り落とす作業です。サンダーやヤスリ、場合によっては薬剤を使います。
クラック補修 雨の侵入を防ぐために、外壁のひびを埋める作業です。
クラックを埋めたあとの凹凸をなくす「肌合わせ」という作業もあります。
シーリング(コーキング)補修 サイディング材同士の間を埋めているシーリングも、劣化している場合は補修します。
劣化の度合いによって、打ち増しと打ち直しのどちらが必要になるか変わります。

まとめ

シーラーを使った下塗り作業は、外壁塗装の中でももっとも重要性が高い作業のひとつです。シーラーには上塗り塗料と外壁材を密着させる役割があり、シーラーを塗らずに上塗りをしてしまうと、どんなに高性能な塗料を塗っても、すぐに剥がれてきてしまうことも考えられます。

 

外壁塗装を業者に依頼するなら、下塗りを含め下地処理が丁寧な業者を選びましょう。下地処理が丁寧な業者の塗装は仕上がりが良く、塗料の性能を十分に発揮させることができます。REPROリプロは丁寧な下地処理に自信があります。外壁塗装のことならお気軽にご相談ください。

PAGE TOP