外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査なら静岡市のRe-Proリプロにお任せください

  • tel
  • お問い合わせ
  • 会社概要/職人紹介
  • HOME
  • tel
  • LINE
  • mail

塗装のアドバイス

塗装について、なかなか一般的には知られていないことがたくさんあります。外壁塗装や屋根塗装をお考えのお客様に、アドバイスとしてお伝えしたいことを綴っています。

外壁塗装のワザを知る

外壁塗装と屋根のリフォームを同時に行う前に知っておきたいポイントとは?

外壁塗装と屋根リフォームの同時施工は、費用の削減、工期の短縮、住宅の寿命を延ばすことなどにつながります。今回は、外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うメリットと、それぞれの工程、屋根リフォームの主な種類について詳しく解説します。

外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うメリットは多い

外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うメリットは多い

外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うと、費用や工期が抑えられるだけでなく、家の耐久性を高めることも可能です。詳しく確認していきましょう。

別々で行うよりも費用が抑えられる

外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うメリットの一つは、費用が抑えられることです。外壁・屋根に関する作業をするときは、足場を組み、建物の周りをシートで覆います。これらは、近隣住宅へ塗料などの汚れが飛び散らないようにするほか、安全に作業を行うためにも必ず必要になります。外壁塗装、屋根塗装を別々に依頼した場合、足場やシートもそれぞれで必要になりますが、同時に行えば1回の費用で済むのでお得といえるでしょう。

工期の短縮が図れる

総工期も両者を同時に行った方が短くなります。上記の通り、外壁塗装と屋根リフォームを別々に依頼した場合、都度足場の組み立て・解体が必要になりますが、同時に行うと足場工事は1回で済むことになります。そのため、足場工事1回分の時間が短縮できるというわけです。

一度で外観がきれいになる

一度で外観がきれいになる

外壁と屋根のリフォームを一括で行うことで、外観全体が一気に新しくなります。たとえば、屋根だけ塗装すると、汚れや劣化している外壁と差が出てアンバランスですが、両方同時に行えば見栄えも良くなりますし、それによって住み心地も良くなるでしょう。

タイミングを合わせることで住宅が長持ちする

外壁や屋根の塗装には、住宅の劣化を防ぐ役割があります。外壁や屋根は、常に紫外線や雨風にさらされているため、放置しておけば雨水が建物に侵入し、内部もダメージを受けてしまいます。外壁塗装や屋根塗装には、こういった住宅の劣化を防ぐ効果があるのです。

外壁と屋根それぞれに塗られている塗料の耐用年数が違う場合や、以前にどちらかだけを塗り替えた場合は、一度同時に塗り替えをしてしまった方が良いでしょう。片方だけ劣化が進んでいくことを防げますし、次回以降も同じタイミングで塗り替えられるようになります。

屋根リフォームの種類

屋根リフォームには、塗装、葺き替え、カバー工法など種類がいくつかあります。それぞれ特徴があるので、どういった内容のリフォームを行いたいか、自分の希望と照らし合わせてみると良いでしょう。屋根リフォームの種類について紹介します。

屋根塗装

屋根塗装は、既存の屋根材の上に塗料を塗る工法を指します。葺き替えやカバー工法と比べて、費用は安く抑えることが可能です。定期的に塗装をすることで、劣化の進行を防ぐことができますが、激しく劣化している場合は塗装では対応できないので、別の工法を選ぶ必要があります。屋根の色を変えたい方や、屋根材を活かしたい方におすすめの工法といえるでしょう。

屋根の葺き替え、葺き直し

屋根の葺き替えは、これまで使っていた屋根材を解体し、新しい屋根材に変える工法です。屋根リフォームのなかでは、最も大がかりな工事といえるでしょう。屋根材の下にある防水シートや野地板なども新しくします。耐久性はアップしますが、撤去した屋根材の処理費用等が必要になるため費用も高くなります。雨漏りがする、屋根材の劣化が激しいという方におすすめです。

一方、葺き直しは、今使っている屋根材を再利用して葺き替えを行うリフォームです。廃材が出ないため、葺き替えよりも環境に優しいことがメリットとして挙げられますが、粘土瓦や天然スレートといった長寿命の限られた屋根材でしか工事ができません。ご自宅の屋根材が対応可能かどうか、業者に確認するようにしましょう。

カバー工法

カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせる工法になります。葺き替え・葺き直しと違い、屋根を撤去することがないので、廃材処理費用がかかる心配もありません。また、屋根が二重になるため、断熱性や遮音性が高くなる点もメリットです。ただし、屋根が重くなってしまうというデメリットがあります。葺き直し同様に、作業可能な屋根材が限られているので、事前に確認するようにしましょう。

防水工事

一般家庭で行う防水工事は、ベランダやバルコニーといった場所からの漏水を防ぐ作業になります。屋根に傾斜がない陸屋根や、屋上がある家の場合、定期的な防水工事が必要です。ウレタン、シート、FRPといった工法があり、お住まいに合ったものを選ぶと良いでしょう。

外壁塗装と屋根リフォームを行う流れ

外壁塗装、屋根リフォームは、それぞれどういった工程で進むのでしょうか。工事が行われている間は、工程通りに進んでいるか、色は希望とかけ離れていないか、などチェックすると良いでしょう。ここでは外壁塗装と屋根リフォームの流れについて、詳しく見ていきます。

外壁塗装の流れ

外壁塗装の流れ
外壁塗装の一般的な流れは、以下のとおりです。

1.塗装準備(ご家族への挨拶)
2.足場の組み立て
3.塗装する壁の洗浄
4.下地処理
5.外壁の養生
6.下塗り
7.中塗り
8.上塗り
9.全体の点検、適宜手直し
10.足場の解体、片付けして撤去

各工程が順調に進めば、2週間ほどで全て完了しますが、天候などの影響で作業期間が延びることもあります。2週間〜3週間ほどかかることを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

また、外壁塗装を行う際の塗料についても確認しておきましょう。中塗りと上塗りの工程では、同じ塗料が使われることがありますが、同じ色だと塗り残しが生じてしまう可能性があります。中塗りと上塗りの色を少しだけ変えておくと、塗り残りの心配もなくなります。

屋根リフォームの流れ

屋根リフォームの流れ

屋根塗装であれば、概ね外壁塗装と同じ流れで行われます。ただし、上塗りのあとに縁切りという工程があります。縁切りとは、屋根材同士を切り離すために塗料を切り取る作業です。縁切りはひとつひとつ行う時間のかかる作業のため、近年では屋根材の間に隙間を作る「タスペーサー」という道具を使うことが多いです。

なお、外壁塗装にも同じことが言えますが、塗装前の劣化状況・塗装完了後の確認は必ず行うようにしましょう。これらの確認がきちんとできていないと、修復が必要な箇所を見逃してしまうかもしれません。塗り残しが見つかって塗り直すことになった場合、再度足場代がかかってしまいます。手間や費用を増やさないためにも、リフォームした箇所を業者の方と一緒に確認するようにしましょう。

まとめ

外壁塗装と屋根リフォームを同時に行うメリットや、各作業の内容について紹介しました。外壁塗装と屋根リフォーム、これらを同時に行うことで、費用や工期を抑えられるだけでなく、お住まいの家の強度を高めることが期待できます。屋根リフォームは、ご自宅の屋根材や劣化の程度によって、どの工法を選ぶかが変わってきます。業者と相談し、適切なリフォームを行いましょう。

REPROリプロは、外壁塗装と屋根塗装、また今回紹介した屋根リフォームにも対応しています。外壁や屋根の劣化が気になっている方は、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP