外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査なら静岡市のRe-Proリプロにお任せください

  • tel
  • お問い合わせ
  • 会社概要/職人紹介
  • HOME
  • tel
  • LINE
  • mail

塗装のアドバイス

塗装について、なかなか一般的には知られていないことがたくさんあります。外壁塗装や屋根塗装をお考えのお客様に、アドバイスとしてお伝えしたいことを綴っています。

外壁塗装の助成金・ローン

外壁塗装でローンは使えるのか?気になる金利や費用などご紹介します

 

この記事の監修者:中西諒太さん
静岡県出身|ライター|宅建士FP・ファイナンシャルプランニング技能士2級|アパレル販売員から未経験で不動産業界に入る。賃貸仲介、賃貸管理など不動産業界歴4年。現在は不動産業界の経験や資格で得た知識を活かしてライターとして活動しています。また、不動産関連の情報を中心にブログやTwitterでも発信しています。
ブログ:宅建士FPの不動産ブログ|Nblog

 

結婚などをきっかけに購入した新居も、ゆくゆくはリフォームが必要になります。外壁もまた雨風から家を守るため、塗装のメンテナンスが欠かせません。 外壁塗装に使用する塗料の寿命を考えると、築10年前後が外壁塗装をする時期の目安です。 しかし家のローンもまだ残っている状態で、さらにリフォーム代を払うとなると、気になるのが費用の問題でしょう。こちらでは外壁塗装の費用、ローンの使用可否、金利などについてご紹介します。

外壁塗装にかかる費用について

どんな外壁でもメンテナンスは必要

外壁塗装でかかる費用は、「塗る壁や屋根の面積(平方メートル)×塗料の単価(円)」ので大まかに計算ができます。たとえば120平方メートルの外壁に対し、単価3,000円の塗料で塗装をする場合は、以下のように概算が可能です。 120平方メートル(外壁面積)×3,000円(塗料単価)=360,000円 ただし、外壁塗装にかかるのは塗料代だけではありません。足場代や外壁の洗浄代、養生、飛散防止ネット、シーリングなど、実際にはさまざまな費用がかかります。下記は一般的な外壁塗装、あるいは屋根塗装を行う際にかかる費用の相場一覧です。   【外壁塗装にかかる一般的な費用項目】 ・足場……平米単価600円 ・高圧洗浄……平米単価200円 ・養生……平米単価350円 ・飛散防止ネット……平米単価150円 ・廃棄物処理代……20,000円 ・シーリング(コーキング)……平米単価700円 ・下地補修……20,000円 ・下塗り(シーラー)……平米単価700円 ・シリコン系塗料……平米単価3,500円   【屋根塗装にかかる一般的な費用項目】 ・タスペーサー(雨漏りを防ぐ縁切部材)……平米単価300円 ・下地補修……20,000円 ・下塗り……平米単価600円 ・中塗り、上塗り……平米単価2,200円   以上はすべて目安であり、正確には住宅の大きさや形、場所、階数によって変動します。足場に関していえば、3階建てや入り組んだ特殊な建物などは、コストがかかりやすいです。また、使われる塗料の種類によっても値段は大きく変わります。より耐用年数の長い塗料を使うのなら、値段もそれに応じて上がる場合がほとんどです。 トータル費用としては、30坪の家に外壁塗装のみを行う場合で60万~90万。屋根の塗装も同時に行う場合、60万~120万が相場と考えましょう。

外壁塗装にローンは使えるのか?

外壁塗装にローンは使えるのか 外壁塗装は100万円以上の高額になることも多く、一括での支払いは厳しいケースもあります。このとき気になるのが、「外壁塗装にローンを使えるかどうか」というところです。   基本的に安定した収入がある人であれば、外壁塗装にローンは使えます。銀行のローンには複数の種類がありますが、外壁塗装に使うローンは「リフォームローン」と呼ばれるタイプです。

ローンの種類は有担保と無担保の2種類ある

ローンには担保をつけて借りる「有担保」と、担保がなくても借りられる「無担保」の2つのパターンがあります。担保をつける場合、対象となるのは外壁塗装をする物件です。   有担保のメリットとしては金利が低く、長期的に考えるとトータルで安くなること。しかし、担保を設定するために数万円がかかる点に注意が必要です。借りる金額が100万以下の場合、無担保ローンのほうがトータルで支払う額が低くなることもあります。   一方の無担保は、担保設定がないぶん事務処理が簡単で、審査にかかる日数も短いところがメリットです。ただし、それだけ金利は高くなります。利用を考えているのであれば、少しでも金利の低い銀行で借りるようにしましょう。

外壁塗装をしてくれる業者にローンを頼みたい場合は・・

外壁塗装をしてくれる業者にローンを頼みたい場合 銀行にわざわざ足を運ぶ時間がない場合、外壁塗装を頼む業者にローンの申請を依頼できることもあります。申し込み用紙の記入から必要事項の調査までお願いでき、スムーズに手続きが進められるでしょう。この場合、外壁塗装業者がクレジットカード会社と提携している必要があります。   銀行でリフォームローンの審査に落ちてしまった、審査に自信がないという方は、外壁塗装業者に相談してみるのも一案です。「ローンが通らないからリフォームは難しい」と思っていても、クレジット系のローンは審査が甘い傾向にあります。まずは一度たずねてみてください。

外壁塗装でローンを使った場合の金利について

外壁塗装ローン金利 外壁塗装でローンを使った際の金利ですが、目安としては変動金利で2%~3%、固定金利でもおよそ3%代が平均となっています。 なお固定金利とは、申し込み時に適用された金利が完済まで変わらないタイプのものです。一方の変動金利とは、半年ごとに金利が見直しされるタイプで、固定金利よりも今は低く設定されています。

金利を少しでも安く抑えたい場合

金利を少しでも抑えたい場合、住宅ローンへ借り換えてみてはいかがでしょうか。 外壁塗装に使うローンは、通常リフォームローンです。しかし住宅ローンとして借りた場合、変動金利だと0.5%~1%まで下がることも珍しくありません。特に10年以上前に借りてから一度も金利を見直したことがない方は、借り換えを検討するチャンスといえそうです。

外壁塗装の契約時に確認すべきことと、先を見据えた計画について

外壁塗装の契約時に確認すべきことと、先を見据えた計画について 外壁塗装の契約において、大切になるのが「見積もりをとること」です。あとで思わぬ費用を請求されないためにも、また金額が妥当かどうかを判断するためにも見積もりは欠かせません。契約内容も必ず確認し、金額や工事期間、クーリングオフなどについても目を通しておきましょう。   また外壁塗装を依頼する際、同時に屋根の塗装も行うケースが多くあります。このとき屋根が破損しているなら、一緒にその修繕までお願いしたほうが賢明です。施工のための足場を組むのにはお金がかかります。3階建てや大きな建物になればなるほど、その金額はかさむでしょう。   屋根に不具合が見つかったとして、塗装と一緒に修繕をお願いすれば、もう一度足場を組む必要がありません。まとめて施工をしておいたほうが、長い目でみると節約できます。

まとめ

経済的な面から、外壁塗装に後ろ向きになっている方も多いかもしれません。しかし外壁の劣化を放っておくと、ひいては建物全体の劣化へとつながります。そうなれば、後々の修繕費がかさむばかりです。住まいを長持ちさせるための塗装メンテナンスは、ローンを上手に利用してみましょう。不安な点がある方は、お気軽にREPROリプロへご相談ください。   ※こちらの記事の内容は2019年3月現在のものです。詳細は自治体・時期によっても異なりますので、正確な情報は必ずお住いの地域の自治体WEBサイトで確認をしてください。

PAGE TOP