外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査なら静岡市のRe-Proリプロにお任せください

  • tel
  • お問い合わせ
  • 会社概要/職人紹介
  • HOME
  • tel
  • LINE
  • mail

塗装のアドバイス

塗装について、なかなか一般的には知られていないことがたくさんあります。外壁塗装や屋根塗装をお考えのお客様に、アドバイスとしてお伝えしたいことを綴っています。

外壁塗装のお金の悩み

外壁塗装に使われる塗料「ガイナ」の特徴と価格

ガイナ」は、日本の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された商品です。

 

ロケットの先端に塗るだけで断熱性を発揮する材料をJAXA(宇宙航空研究開発機構)が開発し、現在の販売元である日進産業が一般向けに改良しました。

 

今回はガイナの特徴と価格、実際に利用した人の評判をご紹介します。

ガイナの特徴

ガイナの特徴

外壁塗装の主な役割は下記のとおり。
・水の侵入を防ぐ
・外壁材を長持ちさせる
・サビを防ぐ

ガイナには、これ以外にもさまざまな効果があります。

断熱・遮熱効果

 

ガイナを屋根や外壁塗料に使用すると、太陽光を反射して、吸収した熱を効率良く逃がしてくれます。

 

また、室内に使用すると内部の温度に合わせて塗装表面が冷やされるので、効率よく暑さ対策ができます。

 

冬は暖房の熱を受けて表面温度が上昇するので、効果的に暖かい室内を保つことも可能です。冷房・暖房効率を上げるため、高い省エネ効果が期待できます。

遮音・防音効果

 

ガイナを外壁に塗ると、外からの騒音を防ぐとともに、中からの騒音も外に漏れにくくなる効果も。

 

吸音材には多孔質の素材が使用されますが、防音性能は表面積の大きさに比例して高くなります。

 

ガイナは特殊セラミックを塗料化しているので、一般的な塗料に比べて塗膜の表面積が大きく、高い防音性能を実現しているのです。

防露効果

 

外と中に温度差があるとき、熱は温度が高いところから低いところへ移動する性質があります。

 

これが壁面などで起こった場合に発生するのが結露です。

 

ガイナを壁面に塗っていると、塗膜が室内の温度に近づくため熱の移動が少なくなり、結露ができにくくなります。

安全性が高くニオイも少ない

 

ガイナは水性塗料であるため、薄めるためにシンナーなどを使う必要がありません。

 

そのため、ニオイが少なく健康への悪影響も心配も不要。

また、アルデヒド類、VOCに対しても、最高等級であるF☆☆☆☆、もしくはF☆☆☆☆と同等の安全性を確保しています。

 

ガイナの価格


メリットの多いガイナですが、使用した場合の料金が高いのがネックといわれています。

 

実際に塗料自体の価格と、施工を依頼した場合の費用目安を見ていきましょう。

 

ガイナ自体の価格

 

まず、ガイナ本体の価格は以下のとおりです。

種類 価格
白色14キロ缶 56,000円
着色14キロ缶 58,000円

 

ガイナの公式サイトには、性能を十分に発揮するには0.46kg/m2で塗布するのが良いとあるので、概ね14kg缶1缶で30m2を塗装できる計算になります。

 

なお、家の大きさに対して必要なガイナの缶数・料金は以下のとおりです。

 

坪数 外壁の面積 必要なガイナの缶数(14kg缶) 価格
20坪 99 4 224000
30坪 148.5 5 280000
40坪 198 7 392000
50坪 247.5 9 504000

※外壁の面積は「坪数×3.3×1.5」で算出

業者にガイナでの塗装を依頼した場合の価格相場

 

ガイナでの外壁塗装を業者に依頼した場合、目安は以下のような価格になります。

坪数 価格
20 50万円~70万円
30 80万円~120万円
40 100万円~150万円
50 150万円~200万円

ガイナのデメリット

ガイナのデメリット

メリットの多いガイナですが、価格やカラーバリエーション、使用期限などに欠点があります。

価格が高い

 

ガイナの価格は、アクリル・ウレタンなどの一般的な塗料に比べて2倍以上となっています。

 

ただし、ガイナは耐久性が高く耐用年数も長いです。また、断熱・遮熱効果からくる省エネ性能の高さも相まって、コストパフォーマンスという視点では優秀な塗料といえるでしょう。

 

カラーに制限がある

 

ガイナは特殊セラミックを原料にしているため濃い色が作れず、他の塗料に比べてカラーバリエーションが少ないです。

 

濃い色がないことから、汚れが目立ちやすいというのも欠点のひとつ。また、ガイナはすべてツヤなしとなっているので、光沢のある仕上がりにはできません。

使用できる期間が短い

 

通常の塗料の使用期限は、概ね1年程度とされています。

 

しかしガイナの使用期限は、生産日より3カ月以内。

 

業者に依頼するときは気にする必要がありませんが、自分で塗装をする場合は、水分の蒸発対策を徹底し、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

なおガイナは受注生産なので、塗料の販売店で長期間在庫になっていたといった心配はありません。

ガイナの評判

ガイナの評判

・口コミ1

先日屋根にガイナを塗ってもらいました。これまでは2階が暑くなりやすく、5月頃から冷房をかけていたんですが、ガイナを塗って以降は窓を開けるだけで涼しいと感じます。

また、防音性能も良いらしく、雨の音もかなり静かです。

 

・口コミ2

数年前にガイナで塗り替えをしてもらいました。断熱性能は本当に高いです。

以前は夏場になると暑くて悲惨でしたが、今ではほとんど過ごしづらさを感じることがなくなりました。

また、冬場は暖房器具をつけるとすぐに部屋が温まるので助かっています。

 

・口コミ3

ほかの塗料は使ったことがないので比較できませんが、冷暖房のランニングコストは安く抑えられているので良い塗料だと思っています。

塗布済みの部屋は熱がこもらず快適です。

まとめ

ガイナは日本の宇宙ロケット開発技術を応用して作られた、省エネ商品としても受賞歴があるほど高断熱・高遮熱の効果がある塗料です。

 

料金は比較的高いですが、耐用年数も長いので、コストパフォーマンスの点では優れています。

 

冬場の寒さ、夏場の熱さ、騒音などに悩まされている方は、ガイナでの外壁塗装を検討してみてください。

 

リプロはメーカー直接取引なので仕入れコストを大幅に削減。

ガイナの施工実績も多数ありますので、ご興味があればお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP