外壁塗装・屋根塗装・雨漏り調査なら静岡市のASHIKAWAにお任せください

  • tel
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • HOME
  • tel
  • mail
  • LINE

塗装工事の流れ

塗装の工事をお任せいただくに当たって、お客様の大切な建物を責任持ってお預かりし、最後まで誠意を込めて作業させていただきます。
その際の工事の流れと期間を明確にしておくことで、お客様も安心してお任せいただけるかと思います。
以下の手順で塗装工事を行いますので、参考と目安になさってください。
※工程は天候によって変更いたします。

塗装工事の流れ
1ご近所様への挨拶回り
足場組み、高圧洗浄の日にち等、工事日程を明記し、粗品を持参して御近所様一件一件に工事のご挨拶をさせていただきます。
2足場組み
足場組み
工事初日です。
御近所様のご迷惑にならないよう注意しながら、工事中の安全の為にしっかりとした足場を組んでいきます。
3高圧洗浄
高圧洗浄
高圧洗浄
高圧洗浄機を使用し、外壁、屋根の汚れ、苔、カビなど、お家の丸洗いをしていきます。古い汚れが残ったままではせっかくの塗装工事が台 無しです。
洗浄しながら劣化部分の詳しい様子も確認していきます。
4養 生
養生
養生
これから始まる塗装工事には欠かせない作業です。
塗料がついてはいけない部分をビニールなどで覆っていきます。
窓などだけではなく、お客様が大切にしている植木やお花も丁寧に保護していきます。
5コーキング撤去
コーキング撤去
サイディングボードの目地部分の劣化してしまったコーキングを撤去していきます。
ALCの壁の場合のコーキングは撤去せず新しいコーキング材を充填する増し打ち工法を行います。
6コーキング注入
コーキング注入
コーキングガンを使用して、目地部分にコーキング材を注入していきます。
多目に充填し、ヘラで慣らしていきます。
コーキングはとても重要な工程なので気温、湿度等計算しながら慎重に施工していきます。
7軒天塗装
軒天塗装
軒天(軒裏)は常に太陽の光が当たらない為、湿気が困りやすくカビや藻が発生しやすい箇所です。
高圧洗浄で汚れを落とし、防カビ性のある、日本ペイントのケンエースGIIで施工していきます。
8外壁下塗り(下地調整)
外壁下塗り(下地調整)
中塗り、上塗りの塗料がしっかり壁に密着するように下塗り材を塗っていきます。
9外壁中塗り
外壁中塗り
お客様にお選びいただいた塗料を塗っていきます。
10外壁上塗り
外壁上塗り
外壁塗装の仕上げとして上塗りを行います。3回塗りによって塗膜の厚みが増し、耐久性を高めます。
11屋根下塗り
屋根下塗り
外壁と同じように中塗り、上塗りの密着を高める為の下塗りを塗っていきます。
12タスペーサー挿入
タスペーサー挿入
カラーベストなどのスレート屋根の場合、塗り替えの際に屋根と屋根の隙間が塞がってしまい、排出されない雨水が屋根内部に侵入し、雨漏りや屋根材の腐食の原因になります。
タスペーサーを挿入することで隙間ができ、これらのリスクを防ぐことができます。
13屋根中塗り
屋根中塗り
お客様にお選びいただいた塗料を塗っていきます。
劣化した部分にもきちんと施工します。
14屋根上塗り
屋根上塗り
屋根塗装の仕上げとして上塗りを行います。
3回塗りによって塗膜の厚みが増し、耐久性を高めます。
15付帯物塗装(雨戸)
付帯物塗装(雨戸)
付帯物塗装(雨戸)
雨戸の吹き付けです。
吹き付けた方が均一な塗膜が出来上がる為、仕上がりも綺麗になります。
飛散に注意しながら慎重に作業をしていきます。
熟練の技術で光沢を蘇らせていきます。
16付帯物塗装(破風、その他)
付帯物塗装(破風、その他)
付帯物塗装(破風、その他)
破風板の塗装です。屋根の先端を守る役割をしています。雨風に晒される部分ですので塗膜で防水保護をします。
ひび割れ箇所などはその都度補修していきます。
その他外壁に付帯する部分も耐久性を考慮し塗装をしていきます。
付帯物塗装(破風、その他)
付帯物塗装(破風、その他)
付帯物塗装(破風、その他)
17付帯物塗装(シャッターBOX、雨樋)
付帯物塗装(シャッターボックス、雨樋)
付帯物塗装(シャッターボックス、雨樋)
シャッターボックスも綺麗に塗り替えます。
金属部分にはサビ止めを入れていきます。
塩ビ系素材の樋は古くなると、変形したり、変色外壁同様に、必要に応じ、補修を行いながら塗装していきます。
付帯物塗装(シャッターボックス、雨樋)
18手直し
塗り残しがないか、いないか、細部までチェックし、掃除もしていきます。
19足場解体
20完工
足場解体、完工

PAGE TOP